恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


審美歯科治療で銀歯を白くしたい

奥歯のむし歯治療を一般歯科で行った場合、通常は銀歯が装着されます。むし歯の進行が神経まではいかず、噛み合わせの面(表面)にあるだけの場合は部分的な銀歯(インレー)が入ります。

むし歯の進行が著しく、神経まで達してしまっている場合は神経をとり、消毒をして薬を詰める処置を行ってから最終的に金属の被せ物(クラウン)を装着して終了となります。

歯をぐるっと金属で覆うため、笑ったり大きな口を開くと目立ってしまい、見た目の美しさはあまり考慮されない仕上がりとなります。

そもそも保険治療では機能回復を主の目的としており、見た目の美しさを追求する治療ではありません。一度は銀歯を入れた方が、「見た目の違和感をなくしたい」というご希望で審美歯科に相談されるケースは年々増加しています。

銀歯を除去する審美歯科アプローチとは

銀歯を白くしたい場合には、現在セットされている金属の詰め物や被せ物を外し、セラミックの白い素材に交換する審美歯科治療を行います。現在の歯の状態を確認し、以下の審美歯科治療を選択します。

  • 部分的な金属の詰め物(メタルインレー)→セラミックインレー
  • 全周覆う金属の被せ物(FCK)→セラミッククラウン

セラミックインレー

金属の詰め物を外し、窩洞の形態を整えるように削って型取りを行います。この時、内部にむし歯がないことを確認し、ある場合には処置を行います。

その日は仮のふたをして終了となり、数日後のセラミックインレー完成を待ちます。後日、完成したセラミックインレーを試適し、光で硬化する専用の装着材で装着します。

噛み合わせの調整をして、セラミックインレーの施術は完了です。

セラミックインレーへ

セラミッククラウン

金属冠を除去し、中の土台部分と、レントゲンにより神経治療の状態をそれぞれ確認します。劣化していないか、再治療の必要の有無を診断します。

土台部分から交換する場合は、白いファイバーの土台に交換することで金属フリーとなります。また、金属の土台でも特に劣化していなければ、その部分は活かして施術することも可能です。

続いて土台の上に仮歯をつくり、装着します。数日間は実際に仮歯で日常生活を過ごしていただき、形態に問題がないか確認後、セラミッククラウンの型取りを行います。

後日、完成したセラミッククラウンを試適し、インレー同様に光で硬化する専用の接着材で装着します。噛み合わせの調整をして、セラミッククラウンの施術は完了です。

見た目だけでなく、強度や機能面でも審美歯科のメリットは多い

金属からセラミックに交換することで、元々のご自身の歯と見間違えるような自然な仕上がりにすることができます。審美的な仕上がりはもちろん、仮歯で最終的な状態をシュミレーションしたり、噛み合わせの調整をきちんとすることで、機能面も十分に満たした歯科治療であるといえます。

審美歯科と一般歯科(保険治療)では接着方法も異なり、銀歯の場合は、粉と液体を練和した接着材で付けているので噛み合わせの力が加わったりすることで劣化しやすく、セラミック装着時に用いられる光照射型の接着材よりも強度的に劣ります。

接着材の劣化によって隙間ができてしまうと二次的にむし歯になるリスクが高くなり、外れてしまったり再治療が必要になる方も見受けられます。

お口の中でギラッと光ってしまう金属が気になっている方、金属アレルギーの方など、むし歯治療による金属をセラミックに交換することで得られるメリットは多数ございます。デメリットとしては自費治療であり、保険治療よりも費用が高額になるという点がありますが、費用対効果を考えると価値のある審美歯科治療ではないでしょうか。

関連記事

関連メニュー