ご予約 写メ相談

ジルコニアクラウンによる、オールセラミック治療

ジルコニアとは?

ジルコニアとは、人工ダイヤモンドとしても有名ですが、強く、軽く、美しく、体に優しいセラミックと言えます。

高い強度と靱性をもち、耐久性、耐食性、耐熱性にも非常に優れています。また、生態親和性も高く、白く美しい仕上がりに不可欠な歯科材料として広く使用されています。

ジルコニア自体はとても硬い素材ですが、曲げ強度が高く、しなやかで、噛んだ際にかかる力を分散し、吸収してくれる性質があります。

セラミックとジルコニアって何?

素材の違いについて疑問をお持ちの方がいらっしゃいますが「セラミック」とは大まかなくくりのことです。セラミックの中にいくつか種類があり、ジルコニアはその中の一つです。

セラミッククラウンには、全てセラミックだけで作られているもの、ジルコニアの上にセラミックを焼き付けたもの、金属の上にセラミックを被せたものなどと種類があります。

当院でご提供しているジルコニアクラウンは、ジルコニアの上にセラミックを焼き付けたものと、全てジルコニアのみで制作されたものとがあります。

ジルコニアセラミッククラウンは、ジルコニアを含まないセラミッククラウンよりも強度が高く、表面には透明感やつや感を兼ね備えているので、天然の歯のような自然な仕上がりにすることができます。

100%ジルコニアクラウンは、より高い強度があり、噛み合わせが強い方、スポーツをしていて噛みしめる機会がある方にも適しています。白さを追求したい方向けの、スーパーホワイトセラミックの最も白いクラウンにもジルコニアを使用しています。

金属やプラスチックを使用しない「ジルコニアクラウン」のみを使用

当院では審美性に劣る金属や、経年劣化を起こすプラスチックの素材は一切使用しておりませんので、治療後も安心、快適に過ごしていただくことができます。

ジルコニアは、軽さも金属の3分の1と言われていますので、歯にかかる負担も3分の1ということになります。金属を使用したクラウンは、治療後数年経過すると色素が歯ぐきに溶けだし、歯ぐきのラインを黒くしてしまうリスクがありますが(ブラックマージン)、そのような心配もありません。

もちろん、金属アレルギーのある方にもお勧めの材質です。ジルコニア自体は、人工関節としても使用されているほど人間の体に優しい材料です。

お口の中にセットするものですから、安全性の高さも選択時の重要なポイントとなりますね。

関連記事



関連メニュー