ご予約 写メ相談

神経の治療について

セラミック矯正は、歯を削りセラミックを被せることで歯の形や歯並びを短期間で理想通りに整える治療法です。歯並びを整えるためには、神経の治療が欠かせません。

痛くないの?見た目はどうなるの?意味は?など疑問にお答えします。

痛みについて

麻酔針を打ち込む機器麻酔針を打ち込む機器

神経の治療を行う前にしっかりと麻酔をかけますので、施術による痛みはありません。麻酔自体も痛みが出ないよう、細い針を使うなどの工夫をしておりますので、痛みに敏感な方でも安心して施術を受けて頂けます。

見た目について

施術は歯の裏側から行います。歯の裏に小さな穴をあけ、そこから処置を行いますので、治療中も治療後にも、見た目の変化はありません

処置を行う理由

歯と神経のイメージ歯と神経のイメージ

歯の中心部には神経が通っています。その周囲を象牙質と呼ばれる部分、さらに外側上部にはエナメル質と呼ばれる部分があります。

セラミックをセットする時には、かむ力に耐えうるため、審美性を得るために1.0~1.5mm程歯を削ります。歯並びや歯の角度などを大きく変えない場合にはエナメル質を削りますが、大きく位置などを変える場合には削る量が多くなります。

神経の近くまで削ってしまうと痛みが出てしまうので、大きく歯並びを変える場合には事前に神経を取り除き、理想の並びになるようにセラミックをセットしていきます。

神経の治療の後には?

神経を取り除いた跡をしっかり消毒し、根っこの先端まで薬を詰めていきます。ここできちんと先端まで消毒し、すき間がないように薬を詰めることがポイントです。

続いて白いグラスファイバー製の土台を立て、その上に理想の形に整えたセラミックをセットします。最初にセットするセラミックは仮歯ですので、この状態で理想の角度や仕上がりを調整し、数日程過ごしていただきます。

仮歯で問題が無ければ、最後に本番用のセラミックをセットします。これでセラミック矯正のすべての治療が完了します。

動画で分かるセラミック矯正のポイント

関連記事



関連メニュー