恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


出っ歯治療Q&A

Q:出っ歯になる原因は何ですか?また、生活習慣の中で出っ歯を悪化させる要因はありますか?


出っ歯には3つの分類があり、それぞれに原因が異なります。

  • 1.下あごの大きさは正常だが、上あごが大きすぎる
  • 2.上あごの大きさは正常だが、下あごが下がっていたり、小さすぎる
  • 3.単純に前歯が出ている

(2)は、上下のあごの大きさの不調和が原因で出っ歯になっています。不調和の程度が大きいと、顎変形症という病名が付き、矯正治療と合わせてあごの手術を必要とする場合があります。顎変形症でなければ矯正治療のみで改善することができます。

(3)は、生活習慣が原因で出っ歯になっています。矯正治療で改善することができますが、原因となっている習慣も見直すことが求められます。一例としては、頬杖をつく、舌癖や口唇癖がある、日常的に口呼吸をする、爪を噛む、指しゃぶりなどが出っ歯を助長させる要因として挙げられます。

Q:出っ歯になる原因は何ですか?また、生活習慣の中で出っ歯を悪化させる要因はありますか?


出っ歯の状態によって外見的なコンプレックスを抱く方もいらっしゃることと思います。また、それ以外に身体的なリスクとしてもいくつか挙げられます。

  • 前歯で噛むことができない場合、奥歯に負担がかかり、歯周病が進行しやすくなる
  • 食べ物を噛むことができないと、消化不良を起こすこともある
  • 口が半開きの状態でいることで口腔内にウイルスが侵入しやすくなり、風邪などをひきやすくなる

これらのように、出っ歯の状態は見た目の問題だけではなく内面的に害を及ぼす可能性もあります。口が開いている状態でいると、口腔内が乾燥しやすくなります。そのためむし歯や歯周病のリスクが高くなり、口臭がきつくなるという口内トラブルまでも引き起こしてしまいます。

Q:出っ歯が年々進行することはありますか?


年齢を重ねるにつれて奥歯の噛み合わせが低くなったり、歯周病によって歯を支える力が弱くなると、本来上下の前歯にある隙間(アンテリアストラップ)が失われ、常に下の前歯が上の前歯を押し広げる力が加わってしまい、上の前歯が広がってしまいます。(フレイアウト)

この現象は一概に年齢だけが原因ではありませんが、年齢が上がるにしたがって歯周病や歯の喪失リスクが高くなることと、歯槽骨は加齢によって退縮する傾向もありますので、加齢変化減少と位置づけられています。このように加齢によって出っ歯になったと感じる方もいらっしゃり、根本的な原因が歯周病の場合は、その点の治療も合わせて行う必要があります。

Q:口が少し開いてしまい、力を入れないと閉じることができません。出っ歯を治せば改善できますか?


出っ歯を治すことで口の閉じにくさを改善することが可能です。

力を入れないと口が閉じない状態ですと、口元の余計な筋肉が発達したり、あごにシワがよってしまうこともあります。セラミック矯正なら前歯の気になる部分のみを整えることができますので、治療本数やご希望の仕上がりに合わせた治療計画をご提案させていただきます。

Q:出っ歯によって口元が膨らんだ印象になっている状態をキレイにすることはできますか?


歯が前側に突出していることによって、口元がモコっとした状態になる場合は多々見られます。その場合、横顔のEラインも乱れてしまいます。

鼻とあご先を結んだ線の中に口が収まっていると横顔美人とされていますが、そうではない場合でも、セラミック矯正によって短期間で改善することが可能です。セラミック矯正で前歯の傾き具合を内側に調整して、歯のサイズや形、歯並びなどをトータル的にきれいに整えることができます。

どの程度内側に入れたいかなど、ご希望に合わせて微調整ができる点もセラミック矯正ならではのメリットであります。

出っ歯治療について

ドクターへのメール相談はこちら

関連メニュー