ご予約 写メ相談

ホワイトニングQA

Q:矯正治療中ですが、ホワイトニングはできますか?


ホワイトニングは歯の表面に専用の薬剤を塗って歯を白くしていくため、歯の表側に矯正装置がついている場合はホワイトニングができません。矯正治療が終了してから(矯正装置が外れた状態になってから)、ホワイトニングを開始していただきます。

舌側矯正(歯の裏側に装置がついている矯正)をされている場合、クリニックで受けて頂くオフィスホワイトニングは可能です。しかし歯を動かしている最中ですので、ホームホワイトニングのマウスピーストレーをお作りしても歯並びが変わってしまうため、ホームホワイトニングはできません。矯正治療終了後、歯並びを安定させるためのリテーナー(保定装置)を装着されている場合にはオフィスホワイトニング、ホームホワイトニング共に可能です。

ホワイトニングと同時にできる矯正もあります

マウスピース矯正の場合には、オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング共に施術が可能ですので、当院のコースでの施術を受けていただくことが可能です。この場合、ホームホワイトニングを行うときは、矯正用のマウスピースを使用していただきます。歯並びを整えながら歯を白く明るくすることができますので、同時進行で歯をキレイに仕上げることができます。

通常、矯正治療では歯の表面にブラケットを装着するため、ホワイトニングと並行して行うことは出来ません。しかしマウスピース矯正でしたら前述のように対応可能です。マウスピース矯正ではブラケットなどの装置を固定させておこなうものではないからです。マウスピース矯正とは、透明なマウスピース型の矯正装置(アライナー)を任意の時間帯に装着することで歯並びを整える方法です。お1人お1人の歯に合わせてオーダーメイドで矯正装置を製作し、歯の動くステップに合わせて都度新しいマウスピースに取り換え、徐々に歯並びを整えていきます。今までの矯正治療では矯正装置は固定で、一度装着すると取り外すことは困難でしたが、マウスピース矯正では歯磨きや食事時など、お好きな時に取り外しが出来る画期的な矯正方法です。

装置が要らない「マウスピース矯正」

ちなみにマウスピース矯正での平均的な治療期間は1年~1年半です。歯並びが整った最終段階でホワイトニングをスタートさせ、矯正完了と同時に歯の色も白く明るく仕上げることができます。またマウスピースは透明ですので目立ちにくく、今までの装置に抵抗のある方にも好評です。ホワイトニングに加えて、歯並び治療でもお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

Q&A一覧に戻る

関連メニュー