ご予約 写メ相談

メリット・デメリット

今では"歯科医院での審美施術=ホワイトニング"と言われるほど広く知られています。ここではそんなホワイトニングのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

メリットは、何と言っても、来院したその日から効果が得られること。そして、歯や神経を削ったりしないことです。セラミック治療などと比べて、手頃な値段であることも大きなポイントです。

歯を削ったり神経をとってしまうことに抵抗のある方は多いので、その点、安心して受けることが出来る治療と言えるでしょう。

デメリット

デメリットは、一度色を白くしてもまた元に戻る「あと戻り」がある点が大きいのではないでしょうか。そのため定期的に通院、もしくはホームホワイトニングによるケアを行わなければならず、手間やお金がかかってしまいます。また施術方法によっては痛みが出て継続できない人や、歯が白くなりにくく、効果を実感できなかった人もいるようです。

歯の状態によっては白くすることが出来ないというのも、デメリットかもしれません。ホワイトニングは、神経が生きている歯に有効な方法です。ですので神経が死んでしまっていたり、神経を取り除いてしまった人には効果がありません。また"テトラサイクリン歯"と呼ばれる縞模様があらわれる状態の、重度のものにはあまり効果がありません。

気軽に受けることのできるメニューが増えていますが、決める前に医師に相談し、自分の歯がホワイトニングできちんと白くなるかどうかをチェックすることが大切だと思います。

他の施術との違い

クリーニングとの違い

クリーニング

クリーニングは、歯の内部色素などに働きかけるものではなく、表面についた汚れを落とす施術法です。目に見えない小さな汚れから、喫煙によるヤニ汚れのような頑固な汚れも落とすことができます。定期的に行うことで、歯周病予防などの効果があります。

ホワイトニングともっとも違う点は、クリーニングでは歯本来の白さまでしか仕上げることが出来ない点です。通常よりも白く明るく仕上げたい場合にはホワイトニングを選択しましょう。

ラミネートべニアとの違い

ラミネートべニア

ラミネートべニアは、歯の表面をうすく削り、極薄のシェルを特殊な接着剤でセットする施術法です。歯の着色具合に左右されずに好きな白さや明るさに仕上げることができ、テトラサイクリン歯の治療にも有効です。神経を削ることはありません。

ホワイトニングともっとも違う点は、ラミネートべニアでは歯を削る点です。また一度施術を行えばメンテナンスは必要なものの、長期にわたって白さや明るさをキープ出来る点も大きく違います。

セルフホワイトニングとの違い

セルフホワイトニングとは、店舗などの場所に行って自分で施術を行うものです。ドクターが不在のもと行うので、病院にありがちな圧迫感がなく、より手軽な値段で行うことが出来ます。白くなるメカニズムは、基本的にオフィスホワイトニングと同じです。

クリニックで行う施術と比較したときに、もっとも違う点は仕上がりのクオリティではないでしょうか。施術方法などの説明を受けてからセルフホワイトニングを行いますが、やはり医療従事者との知識や技術の差があることは否めません。また痛みなどが出た場合に痛み止めなどの処方も難しく、自己責任で行う治療という位置づけになると思われます。

ホワイトニングとは?に戻る

関連メニュー