恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


審美歯科治療で歯並びをきれいにしたい

「前歯の歯並びが気になる」というお悩みは審美歯科において、とても多く頂くご要望の1つです。「歯並びが悪い」と感じるケースでは、いくつかのタイプがあります。

  • 歯の大きさに対して顎が小さく、きれいなアーチにならずに段差ができてしまう
  • 元々の歯のサイズが小さめで、歯と歯の間に隙間があいてしまう
  • 骨格性の問題での受け口や舌癖などによる出っ歯

上記の内容はほんの一例で、先天的な原因と後天的な原因とがあり、様々な「歯列不正」が存在します。

歯並びをきれいに整える審美歯科治療

  • セラミック矯正
  • マウスピース矯正
  • ワイヤー矯正

セラミック矯正

神経の処置を行い、白いファイバーの土台をつくります。その土台の上にセラミッククラウンを装着することで、複数本の歯並びを同時に整える審美歯科治療です。

ご自身の歯を削る必要がありますが、歯の色・形態・並びをトータルで、理想通りの美しさに整えることが可能です。本数によって変わりますが、上下の前歯12~16本程度の場合、2~3か月という短期間で治療完了できるという点も人気の1つです。

数か月後に大切なイベントを控えている方や人前に出る仕事の方、治療中であるということが周囲にわからないままきれいな歯並びを手に入れたい方に適しています。

セラミック矯正へ

マウスピース矯正

型取りを行い、現状から数mmずつ整えた歯並びのマウスピースをはめて歯を動かしていく審美歯科治療です。型から模型を製作し、その模型上で歯を分割して動かし方を微調整していきます。

歯を削らないので歯の形そのものを変えることはできませんが、ご自身の歯を削ることに抵抗がある方には需要の高い施術であり、前歯の歯並びを美しく整えることを目指します。

取り外し可能な透明のマウスピースをはめるだけなので、ワイヤー矯正のように見ためのコンプレックスもありません。しかし治療対象には制限があり、重度の歯列不正や抜歯症例のケースでは対応することができません。

平均的に1年半程度で動かす段階が終わり、その後はきれいな位置をキープする保定期間を経て、治療完了となります。

マウスピース矯正へ

ワイヤー矯正

重度の歯列不正や抜歯が必要なケースでも対応が可能な矯正歯科治療です。歯に直接装置(ブラケット)を付けて行うので、ご自身での取り外しはできません。

数週間に1度の調整を行い、少しずつ歯を動かしていきます。マウスピース矯正同様、歯を削ることはありません。

平均的な治療期間としては、2~3年程で動かす段階が終わり、その後は保定期間を経て治療完了です。

ワイヤー矯正へ

ご希望に合わせて審美歯科治療を選ぶ

それぞれの審美歯科治療には異なる特徴があり、ご自身の優先事項によって選択することが可能です。

「短期間で、とにかく早く終わらせたい」「自分の歯は絶対に削りたくない」など、ご希望を詳しくお伝えいただき、それに合った歯並びを整えるための最適な審美歯科治療をご提案いたします。

関連記事

関連メニュー